帰る時はもっとイギリスに居たいと思った

三浦 和樹君(14歳)
サッカー歴5年。2014年7月「マンチェスターユナイテッドサッカースクール」に参加。

 もっと言葉でコミニュケ―ションが取れる様になりたい

学校は、一面の芝に囲まれ、遠くには森もある、日本にはない雰囲気だった。寮 での生活では、同じ国の人と同部屋だったので、気が楽だったし、時間がたつに つれて、どんどん楽しくなった。日本よりも、時間的にゆっくり過ごせたのがよ かった。

英語の授業は、先生の質問の意味を理解するのが、まず大変だった。ただ、内容 はごくごく簡単だった。わからないことを、わからない英語で聞けないので、イ ギリスのことをわかっている日本語の通じるスタッフがいて、本当によかった。 もっと言葉でコミュニケーションがとれるようになりたいと思った。

サッカーのトレーニングでは日本語は通じないけれど、ジェスチャーなどでコ ミュニケーションをとれた。また、サッカー自体に言語の違いは関係なかったの で、プレーしやすかった。トレーニング以外でも、サッカーテニスなど、サッ カーの要素を取り入れて遊んだのが楽しかった。

いろんな国の友達が出来た

いろんな国のたくさんの同年代の人たちと友達になれて、その友達とサッカーが できたことがとてもよかった。イギリスに到着してすぐは、「友達ができる か?」、「ちゃんと話ができるか?」など、少し緊張していた。帰るときは寂し かったし、本当に何もなければ「このままここ(イギリス)に居続けたい」と 思った。

お母様よりご感想を頂戴いたしました

色んな国の同年代の方々と会い、大好きなサッカーも一緒にできる機会は日本に 住んでいたらそうあるものではないです。たった2週間ではありましたが本人に とってもすばらしい体験だったとのことですし、親としても安心して送り出せた 今回のキャンプでした。
1人で行って帰ってきたことによるものか、自分自身に「自信」をつけて帰って きたように思います。
和樹に関わってくださったディスカバーブリテンのスタッフをはじめ、コーチの 方々、友達の皆さんに心から御礼申し上げます。ありがとうございました。