ラグビーの原点に触れることが出来た

浅田 侑平君(14歳)
ラグビー歴7年。2014年7月「レスタータイガースラグビーキャンプ」に参加。

夜9時頃まで明るい

学校の敷地が広くて緑が多く、日本と違い、周りに高い建物がなく開放的な感じがしました。建物はレンガで古くて歴史ある感じでしたが、中は綺麗でアットホームな雰囲気でした。英語のクラスを受けた教室の建物はとても新しく綺麗でした。寮では一人部屋でしたが、寂しいことはなくかえって落ち着けてよかったです。

テレビゲームがラウンジにあり、夜にみんなで遊ぶことが出来て楽しかったです。寮生活では、他の国の人達から、その国の言葉を教えてもらったりして仲良くなることが出来ました。イギリスは、この時期は夜9時位まで明るいので、夕食後に水泳やサッカーをすることがあり、楽しかったです。

日本ではやった事のないトレーニング

ラグビーのトレーニングはパス練習が中心で、コンタクトの練習はあまりなく、日本ほどハードではありませんでした。でも、日本ではやったことのない色々な種類のランメニュー、体幹トレーニング、柔道などもあり新鮮でした。グランドの芝が良く整備されていて気持ち良かっです。試合はタッチフット形式で7人制でしたが、盛り上がり楽しかったです。コーチの説明は正直なところちゃんと聞き取れないこともありましたが、だいたい言いたいことはわかり、他の生徒ともラグビーをしている時のコミュニケーションは困りませんでした。

英語のクラスでは優秀生徒に選抜!

英語の授業では、最初のクラス分けのテストが難しくて不安になりましたが、その後のクラスでは先生が身振り手振りを交えて説明してくれたので、解りやすく楽しかったです。普通の英語の勉強以外に、ラグビーのことや怪我のこと、救急品などについてもやって興味深かったです。最後のテストの結果で表彰された時はとても嬉しかったです。

ラグビーの聖地、そしてレスタータイガースの本拠地で感動

遠足で行ったトゥイッケナムでは、普通では入れないロッカールームやトレーニングルームに入ることが出来、とても貴重な体験が出来ました。レスタータイガースの本拠地に行ってグランドに立ったり、ハイネケンカップを実際に持ったりすることが出来て感動しました。
英語やラグビーを習うためならオーストラリアやニュージーランドに行くというのもあると思いますが、イギリスに行って、ラグビー発祥の地と言われるラグビー校に滞在してラグビーを習ったり、聖地と言われるトゥイッケナムスタジアムを見学したりして、ラグビーの原点に触れることが出来てとてもよかったです。ロンドン観光も楽しかったです。

イギリスの遊園地にも行くことが出来、意外にも日本のものよりスリルがあり面白かったです。お小遣いは200ポンド位持っていきましたが、お土産にTシャツなどを買うには足りませんでした。

日本人のスタッフがいて安心した

今回は参加日本人が一人だったので、日本人のスタッフがいてくれて、時々日本語を話せてほっとしました。日本人のスタッフが日本食を食べるかどうかよく聞くれましたが、残念ながらお腹が空いていなかったことが多かったのです。正直なところ、寮の食事はあまり満足出来るものではありませんでしたが、日本食を食べたくなったら食べられる、というのはよかったです。

お母様よりご感想を頂戴いたしました。

始めは、一緒に参加する友達が見つからず、申し込みを諦めようと思っていましたが、息子が「一人でも行きたいと」と言ったことと、ホームページを拝見し、資料請求、その後の担当者の方とのメールのやり取りから、安心して参加させることが出来ると判断し申し込みを決意しました。

しかし、実際に参加費を送金する際には「架空の団体で詐欺だったらどうしよう?!」と不安になりましたが、そんなことは後で笑い話となるくらい、しっかりとしたサポートと充実した内容のプログラムで、1人でも参加させて本当によかったと思っております。

また、日本人のスタッフが常駐しているとのことでしたので、親としましては、何かあった時にはすぐに対応して頂けるという安心感があってとてもよかったですし、その点が申し込みを決めた要因の一つでもありました。

ラグビーのトレーニングや関連した遠足があることで、ラグビーへの興味が増したことはもちろん、他の国から参加している生徒さんとの距離も縮まりやすく良かったと思います。しかし正直なところ、2週間では英語もラグビーも劇的に上達するということはありませんが、一人でイギリスまで行き、身の回りのことは全て自分で行い、自主的に行動しなければならない環境に身を置いたことで、本人の意識も変わり、精神的にかなり成長して帰国したように感じました。

中学生の男子ともなると、自分から色々と話してくれることもなくまた、根掘り葉掘り聞いてもうるさがられるだけで、実際の様子はわからずにおりましたが、スタッフの方が滞在中フェイスブックにアップして下さるたくさんの写真やコメント、「楽しかった。また行きたい。」という息子の言葉から、充実した素晴らしい経験をすることが出来たと思っております。